妊娠初期中期後期の便秘の原因と解消するお茶

妊娠中は体に様々変化が起こりますが、多くの妊婦さんが悩むことの一つは便秘です。

 

妊娠初期から中期にかけての原因は、ホルモンバランスの乱れです。

 

それまでとホルモンバランスが大きく変化するために、排便をつかさどっている自律神経にも影響が出て便秘が起こりやすくなります。

 

また初期から中期にかけてはつわりで水分や栄養分を摂ることが出来にくくなり便秘になるということもあります。

 

また中期から後期にかけては大きくなった子宮が腸を圧迫して便の通りを悪くすることが原因になることが多いです。

 

後期になると更にそれが悪化しやすい傾向にあります。この人身中の便秘を改善するには、マッサージや適度な運動で腸を刺激することが有効です。

 

また、初期から後期にかけて安心して飲める、便秘解消のお茶を飲むこともとても効果があります。

 

妊婦さんが飲むのを控えた方が良いものとしてはカフェインやタンニンがありますが、それらを含まず安心して飲めるお茶は、タンポポ茶、黒豆茶、マテ茶、ゴボウ茶、ルイボスティーがあります。これらは食物繊維が多く含まれたお茶なので、お通じを促してくれるお茶です。

 

妊娠期間中にも安心して飲め、体調を整えて心身ともの健康につなげてくれる美味しいお茶です。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶