便秘を改善する無添加で無農薬のお茶について

お腹が張って苦しい便秘は本当に嫌なものです。お茶で改善できればうれしいです。

 

なるべく無添加で無農薬のものを選ぶとよいです。便秘はそのままにしておくと、いろいろな体の不調を引き起こします。

 

肌荒れや腹痛などです。さらには大腸がんの原因にもなるので注意が必要です。だからといって市販の薬に頼りすぎてはいけません。

 

腸の善玉菌の働きが弱まってしまうのです。そして、自力で便を出しにくくなってしまいます。そこでおすすめなのはお茶です。

 

お茶には腸に良い成分がはいっています。水溶性の食物繊維やカテキン、マグネシウムなどです。これらが腸内環境を整えてくれます。

 

しかし、農薬や添加物だらけのお茶を飲んでいては体に悪いです。お茶を選ぶ時は、無添加で無農薬のものを選びましょう。

 

それでは、どのようなものがよいのでしょうか。あまり知られていませんが、ハブ茶というものがあります。これはとても便秘に効果があります。

 

早い人では、飲んだその日のうちに効果があります。漢方薬にも使われています。やかんでお湯を沸かしハブ茶を投入します。

 

そしてゆっくり煮だします。その他にカテキンの含有量の多い緑茶、食物繊維の多いゴボウ茶もよいです。購入するとき、無添加で無農薬であることを確認しましょう。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶