下剤の成分が含まれている便秘お茶を飲み過ぎるとどうなるのか

便秘お茶には薬ではないので、穏やかな効能が期待できるイメージがありますが、便秘薬と下剤と同じような成分が含まれているのもあり、飲み続けることで実情は薬を飲んでいるのと変わらない状態になります。

 

薬や下剤と同じ成分が含まれている便秘お茶は、薬を飲んだ時と同じ副作用を引き起こす可能性があるので、飲み過ぎると副作用が出やすくなりますが、飲み過ぎなくても下剤など飲むと腸に刺激を与えて便を出そうとする効果が強すぎて、腹痛や下痢などを起こす可能性があります。

 

また、便秘お茶を飲みすぎると腹痛や下痢だけでなく、病気を引き起こすこともあり、刺激の強い下剤を長時間使用することで、大腸メラノーシスという病気を引き起こしてしまうことがあり、大腸がダメージを負う事で、大腸が黒ずんで伸びきってしまい、大腸が機能しなくなります。

 

また、飲み過ぎにより下剤依存症になる可能性もあり、自力では便が出ないようになることがあります。

 

安全な便秘お茶の見分け方として、原料にセンナやキャンドルブッシュ、などが記載されているのには注意する必要があり、キャンドルブッシュは国民生活センターで副作用について注意喚起されています。

 

即効で効くと記載されているのも注意する必要があり、お茶なので即効で効くことはないです。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶