子供や妊婦の便秘にお茶のルイボスティーやどくだみがよいのはなぜ?

子供や妊婦の便秘にお茶のルイボスティーやどくだみがよいといわれているのは、カフェインが含まれていないからです。

 

腸を刺激して便秘改善に効果があるお茶はルイボスティーやどくだみ以外にもありますが、子供や妊婦に悪影響を与える成分が含まれているからです。

 

その成分で有名なのがカフェインです。このカフェインは、コーヒーに多く含まれていますが、お茶にも含まれています。

 

お茶の中では、緑茶が一番多く含まれており、ほうじ茶やウーロン茶、玄米茶などにもコーヒーよりは少ないですが含まれています。

 

カフェインを子供が摂取すると寝つきがわるくなったり、腸を刺激して下痢になることがあります。

 

妊婦の場合は、胎児の成長に悪影響を与えて最悪流産や死産につながる恐れもあります。

 

そのため、便秘改善のために水分を摂取する場合は、ノンカフェインのルイボスティーやどくだみを選ぶのがおすすめです。

 

ただし、どくだみ茶のなかには、どくだみ以外のカフェインが含まれているほかの茶葉もブレンドされている商品もありますので、購入するときには確認が必要です。

 

ルイボスティーは味にくせがないため人気があります。ルイボスティーには、便秘以外にも美容効果もあるため、妊婦以外の女性にも人気があります。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶