便秘に良いお茶の種類とは?カフェインとノンカフェインのどちらが良いですか?

便秘に効くとされているお茶には様々な種類がありますが、カフェイン入りの物が良いのかノンカフェインが良いのか考えることがありますね。

 

カフェインは利尿作用があるため、大腸において必要な水分を体の外へ排出してしまうことがあります。

 

体の外へ排出されてしまうと便はコロコロとしてきて、排出する際にいきんだり、どんどん便がたまったりし、便秘を引き起こしてしまいます。

 

少量であれば刺激になって便秘が解消されることもありますが、飲み過ぎてしまうと腸の動きは鈍くなります。

 

腸内環境も乱してしまうこともあるので、カフェインが含まれている緑茶やウーロン茶は飲み過ぎに気を付けるようにしましょう。

 

便秘に効くお茶の種類には、黒豆茶、ゴボウ茶、マテ茶、ギムネマ茶、プーアル茶、杜仲茶、タンポポ茶などがあります。

 

黒豆茶やゴボウ茶といった種類のものは食物繊維が豊富なだけでなくノンカフェインのお茶です。

 

ノンカフェインであるので、体調が優れない時にも安心して飲むことができますね。なお、プーアル茶はカフェインが含まれていますが、ほんの少しであるので影響はさほどありません。

 

ですが、封を開けたばかりの物はカフェインが多く含まれています。プーアル茶を飲むときは、ほんの少し時間をおいてから入れると良いですね。

 

執筆者:ゆうこ

 

便秘 お茶

便秘についてのさらに詳しい情報や、便秘に良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

便秘 お茶